You are here: Home > >

太陽光発電で電力を発電する

 福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故以降、これまで電力需要のかなりの部分を支えてきた原子力発電に対する風当たりが非常に強くなってきています。
 放射能漏れ事故をみると、脱原発の流れは当然におもいますが、あまりにも急激すぎると夏や冬の電力需要にも大きな影響が出てきます。
 場合によっては大規模停電の可能性も想定しておくべきかもしれません。
 自宅の屋根で太陽光発電をするのは、ただ単に電気代の節約というだけではありません。
 電力需給の観点からすると、太陽光発電には、リスクを避けるメリットがあります。
 太陽光発電をこれまで以上に検討する必要が出てきているでしょう。

 大規模停電のリスクを避けるためといっても、なかなか太陽光発電が普及していません。
 ひとつの理由には、国の電力買取の金額が定まらないからでしょう。
 高額で買い取ってくれるなら、太陽光発電が、ひとつの投資になりますから、飛躍的に普及する可能性があります。
 また発電に必要なパネルなどの価格自体も当初よりもかなり値段が下がってきました。
 災害時に自宅に電力があるというのは非常に心強いものです。
 太陽光発電なら、自宅で電力が作れるという大きなメリットがあります。

 太陽光発電で重要なのは、当然ながら電力を発生させることです。
 日当たりのいい角度にしっかりとパネルを装着する必要があります。
 また長期的に太陽光発電のメンテナンスをしてくれる業者かどうかも確認して取り付けたいものです。
 どうしてもパネルの表面が汚れたり、何らかの事情で発電量が低下してくることもあります。
 太陽光発電は、長期的に電力を発電することではじめて、太陽光パネルの設置の初期投資が回収できるので、メンテナンスも必用です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply